授業の構成要員と支払方法

文房具

あなたはどれを選ぶ

海外の人とやり取りをする時に、英語が必要な人は増えています。しかし、学生の頃からの英語力では、外国の人と意思疎通を図るには不十分な事が多いです。そこで、社会人の人は英会話学校で英会話を習い始める人が多いです。英会話学校の授業では、英語を教える講師の先生と生徒で構成されます。講師の先生はネイティブの外人の先生または日本人の英語が堪能な先生になります。また、生徒の数は英会話学校によりますが、1〜6名くらいのところが多いです。もちろん、1対1で授業を受けることも可能ですが、その場合は値段が増加します。英会話学校の支払ですが、一般的に2つの方法があります。一つめのタイプはチケット制と呼ばれるものです。チケット制は入会時にチケットを20枚や30枚を一括で購入します。そして、そのチケットを1つの授業で1枚消費します。チケットと言っていますが、実際に紙媒体のチケットを渡されることは稀で、電子データで管理されます。このチケット制のメリットとしては、有効期限内であれば自分の都合のいい時に使えるので、忙しい人や計画が立てにくい人に向いています。逆にデメリットとしては、一括で20枚や30枚を購入する必要があるので、まとまったお金が必要になります。そして、2つめのタイプは月謝制です。これは、ひと月いくらと決めて、毎月口座から引き落とされるタイプです。このタイプのメリットは、一度にまとまったお金が必要ないことです。逆にデメリットは、忙しくて行けない月があったとしても、月謝が引き落とされることです。この支払のタイプは自身の都合に合わせて選択する事が、正しい選択となります。