朝を有効に使う

女子生徒

勉強するのに良い時間

東京には、数多くの英会話学校が点在しています。人口の多い東京では当たり前とも言えますが、英会話を学ぶ人の数も日本一とされています。その東京で、今一寸した変化が起きています。英会話学校の授業の時間帯として、これまでは、平日や休日の昼間、及び夕方、夜が主でした。昼間は家庭の主婦、夕方や夜はサラリーマンが多く通っています。そのような授業時間帯以外に、早朝の英会話教室が増えて、人気が高まっているというのです。英会話などの習い事は、一定の生徒のドロップアウトが見込まれますが、早朝英会話教室では定着率が各段に高いのです。なぜ、早朝の時間帯の定着率が良いのか、幾つかの理由が挙げられます。仕事帰りに教室に通う人は結構いますが、仕事の関係で出席できなくなることも多々あります。そして、そのようなことが続くために、勉強を諦めてしまう人が多いとされています。その点、朝の勉強は、仕事や用事で邪魔されることはありません。出席率が良くドロップアウトする人が少ないのは、そのような理由からと推測されます。実際に早朝の教室に通う生徒に話を聞いてみると、体が疲れている夕方よりも、朝の勉強の方が頭に入るという人が殆どです。勉強のために早起きするようになって、生活が規則正しくなり、仕事にも身が入るようになったと喜ぶ人も結構います。早朝英会話教室を開く学校の多くで、更に受講者数を増やす画策も行われています。このような動きは、東京以外でもこの動きは広まっています。